悩みに効く祈りその2「ゲシュタルトの祈り」

ゲシュタルトの祈りを知ったキッカケ

心理学のスクールで習いました。

他人と過去は変えられない、変えられるのは自分と未来。

そんな言葉がありますよね。

漫然と意識していたものを明確な概念にしてくれる。

祈りにはそんな力があります。

ゲシュタルトの祈り

私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。

私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。

そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。

私は私。あなたはあなた。

でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。

たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。

どんな時に役立つの?

共依存や毒親との対決で適切な距離を置きたいとき

この祈りが役に立ちます。

相手を変えようとイライラした時、逆に相手からコントロールされようとしたとき

もこの言霊を思い出してみると良いかもしれません。

私も昔は要求を断れない性格で

新聞の勧誘やら、電話の〇〇プランやら相手のいいように

扱われていた時がありました^_^;

私の場合は

親との距離を適切に取りたかったときや

相手の一方的な要求を断る勇気を、

この祈りからもらいました。

まとめ

  • 相手を変えようとするな、自分にできることをしよう
  • 自分と他人に適切な境界線を引こう
  • ご縁を大切にしよう

あなたは誰のために生きていますか?

今までどんな出会いがありましたか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする