自分も周りも満たす考え方。「シャンパンタワーの法則」

私の核になっている大切な考え方を共有します。

今回はその2「シャンパンタワーの法則」

大切な考え方その1:しつもんのグランドルールについてはこちら

シャンパンタワーの法則って?

マツダミヒロさんが提唱している考えです。

本家のリンクはコチラ

要約すると、全てのグラスにシャンパンを行き渡らせるには


1番上のグラスから注ぐことが重要だよ、ということです。

1番上が自分、2段めが家族や親しい人

3段目が友人・同僚、4段目が知り合い・取引先となります。

あなたは普段何段目からシャンパンを注いでいますか?

何で重要なの?

出典は忘れてしまいましたが、重要なマインドセットとして

自分がまず豊かになって、その豊かさを他の人に分けてあげること

というのがあります。

自分が枯渇した状態で何かをあげようと思っても長期的な幸せにはならないよ

そんな内容でした。

「シャンパンタワーの法則」はこの考え方をわかりやすく表現してくれています。

自分よりも他人のために。これはすごく高尚な考えで

何かを成し遂げるときにも、大きな前進の力となります。

でも、前提として自分が整っていることが条件です。

もし他人に注げるだけのエネルギーが自身のグラスにないと感じたら

物質的にも精神的にもまず自分を満たしてあげて下さいね。

まとめ

  • まず自分自身を整えること

自分を大切にするために何ができますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする