良い場作りのための3つのお約束

良い場作りに必要なものって?

よく安心安全の場とは言いますが具体的にどんなことなんでしょうか?

私がぱっと思いついたのはこんな感じ↓

  • 意見が言いやすいこと
  • 否定されないこと

しつもんは一人で答えても効果がありますが

ワークショップ形式で複数人でやると、より効果が上がるんです。

他の参加者さんの答えが参考になって

こんな考え方もあるんだ〜、と思考の枠が広がります。

今回はそういう良い場を作るためのルールを紹介します。

魔法の質問ワークショップ 3つのお約束

  1. 答えはすべて正解
  2. 答えは出なくても正解
  3. 他の人の答えを「いいね」で受け止める

順番に解説していきますね

どんな答えもすべて正解

良い質問の特徴は答えが限定されないこと、答える人の数だけ正解があります。

また同じ問いでも時期が違うと違う答えになることもあります。

重要なのは頭で考えず心からでた答えを出すことです。

でも、頭で考えた答えでもそれはそれで正解です^^

答えは出なくても正解

いま時点で答えが出なくても考えること、が重要です。

今は答えが出ないんだな、ということを受け止めてあげてね

問い続けることで適切なタイミングで答えが見つかるかも?

他の人の答えを「いいね」で受け止める

例え自分と違う考えであっても、「あなたはそう思うんですね」

と受け止めてあげる。

カウンセリングのスキルにも通じる重要なルールです。

これができると自然と傾聴もうまくなりますよ。

まとめ

  1. どんな自分の意見・気持ちもOKを出してあげる
  2. 答えが出なくても、その自分を認めてあげる
  3. 他の人の考え、価値観を受け止めてあげる

非常に大事にしている考えなので

今回は魔法の質問のお約束を紹介しました。

私が投稿するしつもんにも気楽に答えてもらえたら嬉しいです。

良い場作りをするために、何ができますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする